免疫細胞療法をご存知ですか

免疫細胞療法

日本人は、癌になる人が多いそうですね。
最新の統計によると、2012年に癌で死亡した方は、360,963人、2010年に新たに癌になった方は、805,236人だそうです。
癌は、男女などの性別、年齢、肺や食道、皮膚など、体の部位に関係なく、癌になるそうです。
しかし、早めの検診で、癌が見つかり、早期に治療を開始すれば、完治や延命ができるそうです。

新日本橋石井クリニックさんの、人間ドックで行う内視鏡の検査は、痛みが無い無痛内視鏡検査を行っています。
これなら、内視鏡検査は痛いから、癌検査を受けたくないという人にも、安心して検査を受けることができますよ。

もし、検査で癌が見つかっても、こちらのクリニックでは、免疫細胞療法(ANK免疫細胞療法)という、免疫療法があります。
この、(ANK免疫細胞療法)は、
1 患者さんの血液中から、リンパ球を採取する。
2 リンパ球の中にある、NK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)を増殖活性化させる。
3 活性化させた、NK細胞が入っているリンパ球を、点滴で体内に戻す。
4 体内に戻されたNK細胞が、体内の癌の細胞を攻撃して、破壊する。
と、人間の体内に元から存在している、癌を攻撃する細胞を、活性化して利用するので、がん治療の三大療法(外科手術、放射線治療、化学療法)より、体に副作用が出にくく、また、三大療法との併用もできるので、がん治療の副作用などの短所を、補うことができるそうです。
もし、癌の治療方法を検討しているなら、新日本橋石井クリニックの、(ANK免疫細胞療法)も、検討なさってはいかがですか。

投稿日: